ホロンの塔

会うまで

マッチングアプリ【繋がりやすい電話のタイミングはいつ?】

この記事ではマッチングアプリで知り合った人との電話のタイミング・電話を断られたときの対処法についてまとめています。

ヘンリー
ヘンリー
マッチングアプリで知り合った人と電話するときって理想的なタイミングとかあるの?やっぱり電話をかける時間とかも気をつけた方がいいよね。
ホロン
ホロン
電話をどうしてもしたいなら自分で電話が繋がりやすい状況を作り出すのが大切だよ。具体的に解説していくね。

マッチングアプリで知り合った人とメッセージのやりとりを通して仲良くなっていくと電話したいと感じ始める方もいます。

それは、メッセージよりもさらに特別な関係になることができ、声を通してつながることでより密接に感じることができるからですね。

マッチングアプリの中には、電話機能がついていてマッチングアプリ内で簡易的に相手に電話することができるものもありますが、多くの場合はラインを通して電話をしますよね。

そして相手のラインも友達追加し、いつでも電話をかけれるような状態になったとき、次に気になるのが「どのタイミングで電話をすればいいのか?」だと思います。

確かにラインを交換してすぐに電話するのは気が引けますし、断られることが目に見えています。

かといって電話しせず相手がどんな人物かわからないまま会うのも少し不安ですし、というのが本音ですよね。

そこでこの記事では、マッチングアプリで知り合った人との電話するタイミングについてサクッとまとめてみました。

「電話の繋がりやすいタイミング・状況・時間帯」を分かりやすく解説し、さらに「電話に断られたときの対処法」やマッチングアプリで相手と電話する際に「電話をかける側が気をつけること」なども説明します。

マッチングアプリで電話するタイミングはいつ頃がいい?

マッチングアプリで電話するタイミングはいつ頃がいい?

まずはマッチングアプリで電話するタイミングについです。

結論から言うと、「夜8時〜10時ごろでお互いがラインでやりとりしているタイミング(お互いがラインを見てすぐに返信しているような状況)」がベストタイミングです。

夜8時〜10時ごろは学生であっても社会人であっても落ち着いて家でくつろいでいる時間帯になりますし、朝や昼と比べても夜の方が気分が高揚しやすいので電話を断られにくい特徴があります。

つまり物理的な面でも心理的な面でも夜8時〜10時がベストタイミングなんですね。

また、お互いがラインでやりとりをしている状況も必須です。

電話する際には不意にかけると間違いなく煙たがられますし、中には「怖い」と感じてしまう人もいます。

しかし、お互いがラインをしている状況であれば「電話してもいい?」と聞くことができたり、「電話したいな。」と言うことができるのでここから相手の承諾を得られたら後は確実ですよね。

この同意を得るという段取りがとても重要で、マッチングアプリで知り合っただけの何も知らない人だからこそ、このステップが必要なんです。

ということでここまでの内容をまとめさせていただくとこんな感じです。↓

電話するタイミング

1、『夜8時〜10時ごろ』

2、相手とラインのやりとりをしているタイミング

3、ラインを通して「電話したいな。」と言うことや「電話してもいい?」と聞いて承諾を得てから電話

どうやって電話のベストタイミングを作り出すか?

どうやって電話のベストタイミングを作り出すか?

ではどうやって先ほどの電話のベストタイミングを作り出せば良いのでしょうか?

あなたがすべきことは夜8時〜10時ごろにラインで何かメッセージを送り、相手の返信を待つことだけです。

返信が来たらすぐにメッセージを送り返します。

そうすると簡単に作ることができます。

ちなみに、マッチングアプリで電話することにおいて「明日の〇〇時頃に電話してもいい?」と聞いて、電話の約束を取り付けるようなことをする必要はありませんしするべきではありません。

このような約束をすると相手は改まってしまい電話できたとしても緊張して何も喋れなくなります。

そうすると会っていない前段階でお互いの間に亀裂が走ってしまうので初デート前に足を引っ張ってしまいますよ。

コツとしてはあくまでも自然に振る舞い、意図して行うことといえばラインを8時〜10時ごろに送るだけです。(メッセージは短文で1行くらいの質問かつできれば趣味系の話題がおすすめです。)

例「〇〇(映画・音楽・グルメ・漫画・ゲームなど趣味系)って知ってる?」

ちなみに電話をしたい方や電話できたときの盛り上げ方について知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください。↓

【注意】電話の頻度:毎日すべきではない。

【注意】電話の頻度:毎日すべきではない。

それから電話をかける側の方が覚えておきたい注意点を解説しておこうと思います。

どんなにマッチングアプリで意気投合したとしても、どんなにラインを良い雰囲気で交換できたとしても、どんなに相手とのラインのやりとりが楽しくて盛り上がっていたとしても電話は毎日しないことをおすすめします。

また、自分から「電話してもいい?」と聞いたり「電話したいな。」と言うことを控えるべきです。

まぁここまで頻繁に電話したいと思う人は多くいないと思います。(大抵マッチングアプリで電話するのは初デートの前日くらいで相手と会っても大丈夫なのか不安を無くしたくて電話する場合が多いです。特に10代後半の大学生や20代前半の方などは。)

もしもあなたが毎日電話したいと感じているようでしたらデメリットが大きいので今すぐに辞めましょう。

理由はシンプルで「相手に飽きられてしまう」からですね。また電話で話すネタも尽きてくるので相手からもめんどくさいと思われてしまう可能性があります。

そうなってくると初デート前に相手からラインをブロックされてしまう可能性がありますので毎日電話するのはやめましょう。

電話を断られたときの対処法

電話を断られたときの対処法

それから補足として電話を断られたときの対処法について解説しておきます。

もちろん先ほどのベストなタイミングを作った上で誘ったけど、「電話を断られてしまう」ことはあります。

その際は次のことを確認してみてください。↓

  1. 物理的な理由で相手が電話できない。(相手が自宅ではなく公共の場所にいるなど)
  2. まだ自分の信頼が薄いから電話できない。

1の場合は相手から電話できない理由をラインで言ってくれると思うのでそこを汲み取って明日や明後日にでも電話できる状況をまた作れば良いです。

おそらく断られる理由としては2の場合がほとんどだと思いますが、この場合は会うまで電話をしないのがおすすめです。

つまり2の場合は電話することを諦めた方がメリットが大きいです。

またどうしても電話したいという方はメッセージを毎日コツコツやりとりして徐々に仲を深めていくしかないですね。

ただ、そうしている内に初デートになっていると思うので、結局会うまで電話しないことになると思います。

2の場合は相手が自分のことを不審がっているとかそういうことではなく、ただ単に不安なだけかもしれませんし、ただ単にめんどくさいから電話したくないのかもしれません。

また、ただ単に緊張するし恥ずかしいし何を話せばいいのか分からないから電話したくないのかもしれません。

いずれにせよ、そこを汲み取ってあげるのが大切ですよ。

今は電話よりもラインでやりとりしたい派が多い。

今は電話よりもラインでやりとりしたい派が多い。

ということで「マッチングアプリにおける電話のベストタイミング」と「電話をかける側が注意するべきこと」、そして「電話を断られたときの対処法」について解説しました。

正直にいうと、実は僕も「電話をしたくない派」ですので電話を断る側の気持ちがよく分かるのですが、「電話しなくてもラインでいいじゃん。」って思うことがよくあるんですよね。

そして、今の若年層(特に10代、20代前半の人)は電話するのが嫌いという方が多いです。

なぜならラインに慣れていて、いつもメッセージのやりとりで済ませているので、その分電話に慣れていないからですね。

そうなってくると、マッチングアプリで知り合っただけの知らない人、しかも異性の人と電話するとなるとかなりハードルが高く感じてしまうんです。

中には何を話せばいいかも分からずプチパニックになる人もいるでしょう。

だったらそもそも「電話しないでいい。」という思考ですね。

このように感じる若年層は多いので、「電話を断る側の心理」もちゃんと知っておいてあげると初デートまでがスムーズですよ。

ホロンブログではマッチングアプリを使って本気で恋人を作るためのノウハウを他の記事でも発信していますので、そちらも合わせてご覧ください。

\こちらもCheck!/

おすすめのサブマッチングアプリ紹介!

唯一の女性主導型マッチングアプリ『Poiboy(ポイボーイ)』

イケメン好きの肉食系女子・積極的に行くのが苦手な草食系男子にぴったり!

Poiboy(ポイボーイ)

女性主導型のマッチングアプリ

【サブとしておすすめの理由】

女性視点:女性が主導型で気になる男性を探せる(自分好みのイケメンを顔写真から見つけることが可能。気になった男性をポイ(いいね!)するだけ)

男性視点:男性は自分からメッセージを送らないでも勝手に女性ユーザーにポイされるから他のマッチングアプリよりも楽。まさにサブマッチングアプリとしておすすめ。