ホロンの塔

初デート

【マッチングアプリ】おすすめ初デートの時間帯(完璧デートプラン)

この記事では、マッチングアプリで知り合った人との初デートにおける時間についてまとめています。

ヘンリー
ヘンリー
初デートの時間ってどんな感じが王道なの?
ホロン
ホロン
完璧なデートプランを具体的な時間帯と照らし合わせて紹介していくね。気をつけるべきポイントなんかも解説していくよ!

マッチングアプリで恋人を本気で作るなら初デートが一番重要な場面になります。

お互いの印象を初めて確認し合うことができ、相性や好みなどを総合しその後の二人の関係を大きく飛躍させるか、それともそこで終わってしまうのかが決まるからです。

そんな中でどういったデートプランが正しいのでしょうか?

何時頃に待ち合わせして、何時までどこで過ごして、何時にご飯を食べて、何時に解散すれば完璧なデートプランと言えるのでしょうか?

この記事では、そのような初デートの時間についてまとめてみました。

具体的なデート例をもとに「いつ待ち合わせ」して「いつ解散するのか」デートの一部始終を紹介させていただきたいと思います。

マッチングアプリ【初デートのおすすめ時間帯(デートプラン)】

マッチングアプリ【初デートのおすすめ時間帯(デートプラン)】

まずは、マッチングアプリの初デートのおすすめ時間帯を具体的な例に沿って解説していきたいと思います。

マッチングアプリの初デートの中でも王道なのが映画デートですので、今回は映画デートを例にさせていただきます。

まずざっくりとデートプランを紹介するとこんな感じです。↓

映画デートプラン

pm 1:00 待ち合わせ&軽く挨拶

pm 1:00 〜 映画のチケットを買いに行く。(あらかじめ予約するのもアリ)

pm1:30〜 映画の放映開始まで近くのショッピングモールやカフェなどで時間を潰す

pm 3:00 〜 5:00 映画

pm 5:00 〜 近くをぶらぶらしながら相手が納得いくご飯屋さんを探す

pm 6:00 〜 ディナー

pm 7:00 〜 駅の改札まで見送りに行く

pm 7:30 解散

映画デートだとこんな感じが理想ですね。

もちろんご飯を食べずに早めに解散してしまうのもありですし、映画の時間帯が早くなるケースもあると思います。

ここから一つ一つの時間枠について重要なポイントを解説していきたいと思います。

待ち合わせは午後1時、2時がおすすめ

待ち合わせは午後1時、2時がおすすめ

まずは、待ち合わせの時間についてです。

おすすめの時間は「午後1時、午後2時」のどちらかですね。

現代の若年層というのは夜型人間が多いです。あなたはどうですか?

なので朝が苦手な方が多いので昼ごろに待ち合わせ時間を設定するのがおすすめなんです。

そうすることでゆとりを持って待ち合わせすることができ、どちらかが遅れていきなり気まずい思いをしなくても済みます。

まぁ多少遅れても多めにみるのが当たり前の風潮になってきてはいますが。

それからあなたが男性ならなおさら相手の女性のために少し遅めの時間に設定してあげるのがおすすめですよ。

女性は男性と違って朝のスキンケアをする時間やメイクする時間など朝の準備が大変なんです。

朝起きるのが遅いのに加えて、メイクなどの時間を合わせたらやはり1時から2時ぐらいが相手を急かすことなく余裕を持って会える時間ですよ。

もちろんちゃんと付き合い始めて恋人の関係になれたら、10時とか11時が普通の待ち合わせ時間になっていきます。

初デートの時だけは遅めに待ち合わせしましょう。

基本はデートスポットの力を借りて時間を過ごす

基本はデートスポットの力を借りて時間を過ごす

次に初デートのメインテーマとなる部分「デートスポット」についてです。

映画デートなら映画館、グルメデートならご飯屋さん、古着デートなら古着屋さん、お茶デートならカフェ、図書館デートなら図書館、ほかにも動物園や水族館のようなデートスポットがあると思います。

マッチングアプリの初デートにおいてはこれらのデートスポットに行くことで話題を広げやすいです。

初めて合う人と何を話せばいいのか分からないって方は多いと思います。

特に10代後半の学生であったり、20代前半の方だと緊張してしまいますよね。

そんな中でデートスポットは話題の宝庫とも呼べるくらいあちこちにネタが転がっています。

そして、そのネタはあちこちに飛び火させやすく会話を盛り上げやすいのでおすすめですよ。

なので、初デートではデートスポットの力を借りて大部分の時間を潰すようにしましょう。

映画デートなら映画館で映画を1本みれば2時間は時間を潰すことができるわけですし、その後に映画の話題で盛り上がることができますね。

二人で話す時間を作るのも大切(カフェなど)

二人で話す時間を作るのも大切(カフェなど)

それから二人っきりで話せる時間を作るのも大切です。

カフェなどに行けばその状況を作ることができるのですが、お互いに話したいこと、聞きたいことってたくさんありますよね。

マッチングアプリでもやりとりはしたものの、それは趣味のような表面上のことに過ぎません。

だから落ち着いた場所で、話す機会を設けるべきです。

具体的には、社会人ならどんな仕事をしているのか?とか学生ならどこの学校に通っているのか?とか家族のこととか積もる話が色々あると思います。

でも、意外とカフェなどで対面して話すと気まずい空気になりがちです。

対面すると心理的に緊張感がますからなんですね。なので、対面するよりも横並びに並べる状況を作るのも一つのポイントです。

ちなみに、カフェで改まって話し合うのが苦手な方はショッピングモールなどをぶらぶら歩きながらラフな感じで話せる状況を作るのもおすすめですよ。

初デートの解散時間は早めに!

初デートの解散時間は早めに!

それから初デートの解散時間についてです。

ここも結構重要なポイントになります。

マッチングアプリで知り合った人との初デートの解散時間は早めにするべきで、早めにすることで多大なメリットがあるんですけど、こちらの『【マッチングアプリ】初デートの夜の流れ&デート後にやるべきこと』で詳しくまとめていますのでチェックしてみてください。

メリットをサクッと説明すると1つ目に相手を安心させることができ、2つ目に自分の希少価値を演出でき、3つ目に2回目のデートに繋げれるからです。

初デートの夜をだらだらと何の目的もなく過ごしていると、それまで完璧だったのに後味が悪い感じになりますのでサクッと解散してしまうのがおすすめですよ。

デートの合間に隙間時間を生む

【最後に】デートの合間に隙間時間を生む

ということで初デートの時間帯(デートプラン)を紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

初デートの時間帯を意識する上で重要なのは『隙間の時間』を作ることです。

例えば、映画デートなら映画が始まるまでの時間が隙間時間ですね。

この時間があることでお互いのことを深く知ることができたり、自分の良い部分をアピールできたり隙間時間はラフに過ごすことができるので急速に仲が発展していく時間になります。

カフェやレストランなどでは逆に気まずくて話せない方にとってはこの隙間時間が頑張りどころになってきますので、初デートプランを決める際には隙間時間が生まれるようにうまく調整してみてください。

それから初デートを成功させるためにこちらの記事も必読です!

最後にホロンブログではマッチングアプリで本気で恋人を作るためのノウハウを発信していますので他の記事も合わせてチェックしてみてください。

おすすめのサブマッチングアプリ紹介!

唯一の女性主導型マッチングアプリ『Poiboy(ポイボーイ)』

イケメン好きの肉食系女子・積極的に行くのが苦手な草食系男子にぴったり!

Poiboy(ポイボーイ)

女性主導型のマッチングアプリ

【サブとしておすすめの理由】

女性視点:女性が主導型で気になる男性を探せる(自分好みのイケメンを顔写真から見つけることが可能。気になった男性をポイ(いいね!)するだけ)

男性視点:男性は自分からメッセージを送らないでも勝手に女性ユーザーにポイされるから他のマッチングアプリよりも楽。まさにサブマッチングアプリとしておすすめ。